リズムでビーチクリーンin長浜

音を楽しむビーチクリーン。様々な漂着物で音楽に合わせて音を出して楽しみました。

でも足元の砂をよく見ると細かいプラスチック片がたくさん。私たちの暮らしから出されたプラスチックゴミが、紫外線や波で細かく砕かれ、自然界に沢山散乱しているのです。

小さいプラスチック片をボトルに詰めて

「発酵食とライフスタイル」ワークショップ

《COCOROYUTAKAワークショップ》開催のお知らせ

2019/11/26(火) 17:30~20:30、発酵食とライフスタイルワークショップを開催します。参加費無料!!50名限定講座です。

① 講演:「発酵食と健康」塩田亜耶子氏
② トークセッション「発酵食とライフスタイル」
  ★発酵食lab 代表 塩田亜耶子氏×★東京都市大学 教授 古川柳蔵氏
③ ワークショップ 味噌玉作り

【会場】
東北大学青葉山新キャンパス 環境科学研究科本館1F展示スペース
〒980-0845 仙台市青葉区荒巻字青葉468-1 

【申込み】せんだい環境学習館たまきさんサロン
Tel:022-214-1233/fax:022-393-5038
mail:tamaki3salon@city.sendai.jp
メールまたはハガキ、FAXに必要事項を記入してお申し込みください。

英語でビーチクリーン in 長浜

10月5日 手々知名字の長浜でビーチクリーンで英語を学ぶイベントを実施しました。拾ったゴミの単語を教えてもらい、英語で色々表現したりと楽しみながら浜辺を綺麗にしました。

英語でビーチクリーン(映像350MB)

【44values】

1.自然に寄り添って暮らす・・・海辺の自然環境を守る

21.暮らしの中に歌がある・・・リズムに合わせて英語を学ぶ

22.助け合うしくみ・・・協力し合いながらビーチクリーンを実施

24.つきあいの楽しみ・・・多くの町の人と一緒に行う

26.出会いの場がある・・・初めて会う人も仲良くなる

32.みんなが役割を持つ・・・美しい自然を未来につなぐ役割

33.子どもも働く・・・子どもがビーチクリーンを実施

36.お金を介さないやりとり・・・ボランティア・学びの場でもある

42.ちょっといい話・・・全部はできないけど、できることから始めよう

ホストタウン事前交流事業『環境会議』

東京オリンピック・パラリンピックが2020年に開催されるにあたり、沖永良部島では、和泊町がドミニカ国、知名町がグレナダ国、そして隣の与論島の与論町がアンティグアバーブーダ国のホストタウンとなっています。2020年の開催に先駆け、8月26日からホストタウン事前交流事業が開催されました。カリブ海に浮かぶ3国は環境意識のとても高い国であること、3町と同じ島国であることにちなみ、8月27日に海岸漂着ゴミやプラスチック問題について議論する『環境会議』を開催しました。そして、その様子が9月4日にサンサンテレビで放映されました。

環境会議の様子(映像510MB)


ヤドカリング~沖永良部の海岸

鹿児島から南へ約500km。沖永良部島。サンゴ礁が隆起してできたこの島は自然に囲まれた美しい島です。しかし、多くのプラスチック漂着ゴミが流れつく問題を抱えています。ヤドカリ目線で浜辺を見てください。今、私たちは暮らし方を見直す必要があるのです。


ヤドカリング 日本語版(映像160MB)

ヤドカリング映像 英語版 (映像160MB)

和の洞窟冒険ツアーを実施!!

2018/9/2 沖永良部島まるごと秘密基地PJのイベントとして、『和の洞窟冒険ツアー』を実施しました。午前2回、午後1回の3班に分けて総勢約100名の方にご参加いただきました。

冒険ツアーの様子

妖怪の住む洞窟へ、隊長マッキーと一緒に冒険に出かけると・・・

その様子はサンサンテレビでも紹介されました。後日、MBC南日本放送でも放送されました。

和の洞窟冒険ツアー

和の洞窟冒険ツアー (映像280MB)